FC2ブログ

愉快なおっさんのブログ

ARTICLE PAGE

駿河屋の抹茶ソフトを食う愉快なおっさん

店舗
  • comment0
  • trackback0
 どうも!甘い物好きの中年です。いやーおっさんは酒飲みで、かつ甘い物好きという質の悪いタイプです。ま、別に好みなので、酒でも砂糖でも好きなだけ味わえばええんでしょうけどね。悲しいかな~どちらも体の負担が大きいのよね~(T_T)

 そうなると、酒or甘味のどちらかを我慢することになる。で、酒と砂糖であれば、普段の重要性のウエイトは酒でしょうか?いやーやはりおっさんには生き甲斐ですしね!…うん?嗜好の範囲を越えまして、もう中毒のような気もせんでもない。気のせいか?手も震えてる気がするわ。

 あれ?アル中かい?俺って…と少し疑心暗鬼になるほどに酒好きな親父ですけど、まー昼間は飲まないという不文律があるのよ。実は、おっさんは訳あって昼間は酒を基本飲まないのです。とはいえ意志薄弱なので、絶対昼間飲まないというほどに厳しくはないですけどね。

 じゃー昼飲まん理由はなに?と改めて聞かれると…昼間から飲むと頭が痛くなるのよ。なんか昔からそうでね。昼間に酒を飲むと、どうも一日中頭痛がするの。だから昼間は原則飲まない。夕方5時以降しか酒は飲まんのですわ。

 いやー実に下らん理由で申し訳ないのですけど、これ生命体としてのセルフガードかも。だって、酒好きな親父が切りなく昼間から飲むと間違いなく、闇落ち(薬中)になるわ。あ、ちなみにおっさんは、非合法な薬物(覚醒剤とか)を経験したことは、人生で一度もないです。

 だって、もう合法的な酒と言う魔物との付き合いだけで、おっさんの人生は一杯一杯よ。あえて、非合法な領域まで手を広げる気にならんです。それは、順法精神が強いから?違う。単にハイになるためのプロセスがシンプルなだけなんよ。

 酒さえあれば、それで十分。他のややこしいものは要らん。でも、これは夜のことよ。昼間の話は別。頭痛くなる分、昼間は飲まん。よって、合法的にハイテンションになる甘いものの効果(快楽物質βエンドルフィン≒シュガーハイ)を重視したい。

 特になんぞ有名なものがある所ではね。そう例えば、京都の宇治とかであれば、抹茶がらみの甘いものを食べたくなるわ。それは抹茶ソフトとか。

いやー前振りが長すぎたか。ぶらりと自転車で滋賀県を彷徨った際に立ち寄りをした京の宇治と言う町。まー抹茶で知れた所ですけど、町全体が抹茶押しなのよ。当然、色々と抹茶絡みの商品も多くて。
IMG_20190321_163148.jpg

 べたなもので言えば、抹茶ソフトとか。いやーでもこれ美味しいよね。誰が考えたんやろか?ミルクと抹茶の取り合わせの良さに最初に気がついた奴に感謝状を贈りたいくらいやわ。という位に魅力がある食い物ですけど、おっさんは駿河屋という所の抹茶ソフトを試した。
IMG_20190321_162803.jpg

 いやーこれが味が濃くて美味しいのよね。なんか目が覚める味わいと言うか…甘いくせにさっぱりとした食い応えがいいというか…ま、とりあえず試してみてよ!!!

 後悔しない旨さがあるで~(^^)

関連ランキング:甘味処 | 宇治駅(京阪)三室戸駅宇治駅(JR)


スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply